マンガ原作のドラマをよく観てしまう

マンガを原作にしてドラマ化することが
増えてきていますね。

景気が悪くなってきてドラマ制作でも
挑戦することが難しくなってきているのでしょう。

大きく外すことができないので
それなりに当たることが間違いのない
マンガ原作のドラマになりがちですね。

最近のドラマだと「逃げるは恥だが役に立つ」「東京タラレバ娘」
「クズの本懐」「コウノドリ」「きみが心に棲みついた」「海月姫」など
人気マンガのドラマ化があります。

10年くらい前になると
「花より男子」「ホタルノヒカリ」「医龍」
「のだめカンタービレ」「ごくせん」など
大ヒットドラマもマンガが原作です。

これらのドラマは連載を読んでいたわけではないので
マンガが原作であることは特に意識していませんでした。

逆にマンガの連載を読んでいたので
ドラマ化された時に注目したドラマもあります。

「サラリーマン金太郎」「ROOKIES」「GTO」「デスノート」
「エンジェル・ハート」「ライアーゲーム」などがそうです。

少年誌で連載されているものが
ドラマ化されると注目してしまいます。

原作のマンガが好きだと
ドラマを観ても満足度が高いです。

極たまにキャスティングがよくなくて
がっかりするドラマもあるかもしれないですが
ほとんどはマンガの世界観を楽しめるようになっています。

「ライアーゲーム」については
国内ドラマだけでなく韓国ドラマにもなっていて
その点も注目しています。

韓国ドラマ版は原作通りではなく
リメイク作品となっているので
どんな風にリメイクされたのか気になっています。

韓国ドラマ版のライアーゲームは
動画配信サービスでも観ることができます。

動画配信サービスだと全話揃っているので
時間がある時にまとめて一気に
観ることができるのがいいですね。

今度時間ができたら
ライアーゲーム韓国ドラマの動画
まとめて視聴したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする